読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

アジャイルなSIについて

IT
先日、Forrester Research社から興味深いレポートが出ている。
"Agile Systems Integrators: Plausible or Paradoxical?"
Mixing Agile Methods and Systems Integrators Requires an Artful Approach

エグゼクティブサマリーをざっくりと読んだ限りでは、
  1. SIerもだんだんアジャイルを意識する方向には向かっている。
  2. しかしながら、実際のアジャイルの採用状況は一様ではない。
  3. Ci&TとかThoughtWorksのようなSpecialist vendorsはアジャイルを大部分のプロジェクトで採用している一方で、大規模なGeneralist SIにおいては、それほどアジャイルの採用は進んでいない。
  4. その違いは、個々のSIerアジャイル開発に取り組む意欲の差というよりも、SIerを使うユーザ企業側がSIerを使って解決しようとしている問題のコンテキストの違いによるものと思われる。
というようなことが書かれているらしい。

日本ほどSIerという業種がIT業界のメインになっている国はない、欧米にはSIerなんてほとんどないよ、…ということは以前から言われていたが、こんなのがレポートで出てくるということは、欧米にもそこそこSIerと呼ばれる種類の会社があるんだね。(まぁ、ThoughtWorksとかをSIerと言われると、我々が日本で普通にSIerと言っているのとはかなり趣は異なるような気もするが…。)

いずれにしても、SIerあるいはSIerを活用したプロジェクトがアジャイルな開発に取り組めるかどうかは、SIer側の意欲とか努力よりも、それを活用する側の能力次第なんだろうなぁというのは改めて思った。