読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

「つまみぐい勉強法」は業界で頑張る人への愛にあふれている

本日、技術評論社さまから、素敵な本を献本いただいた。

この本については、私ごときがあれこれ書くよりも、著者の渋川さんご自身がブログで詳しく書かれているので、まずはそちらを読んでいただきたい。

私自身がこの本の中で一番大好きな部分を一箇所挙げろといわれれば、迷う事なく、「はじめに」の中にある以下の部分を挙げるだろう。これこそが、著者がこの本に込めたメッセージでありIT業界で頑張る人たちへのエールであり愛であると思う。
せっかくIT業界で仕事をしているのですから、このような先輩方と同じように楽しまなければ損ですよね?本書を通じて一番あなたに伝えたかったのは、業界の楽しさです。
とても渋川さんらしい文章だなぁ、とここだけで一気にこの本に引き込まれた。(この部分を渋川さんが書かれたのか、共著者の奥さんが書かれたのかは知らんけどw。)

そして、この本のハイライトは間違いなく、「第4章 勉強法座談会」(知ってる人が並んでる!)と「第5章 勉強会に行こう」であろう。第5章では、ジョノ・ベーコンの「The Art of Community」の話も登場して、お得♪私自身も始めて渋川さんにお会いしたのは何年か前のXP祭りだったかな?まさにその頃が自分にとっても「勉強会参加=離陸」を体感した時期でもあったと思う。

そして最終ページの●アンケートに協力してくださった方々●の中に自分のハンドルと、いろんな勉強会で出会った大切な友人たちの名前を見つけてニヤニヤするのも本書の楽しみの一つでもある。

なお、この本はそもそも5月15日(土)に開催される下記のイベントの懇親会での景品用に献本いただいたものである。2冊いただいたので2冊とも(1冊は私が読んだ後のものになるがw)持ち込むのでお楽しみに!
「オープンセミナー2010@岡山」
まだまだ参加申し込み受付中!(ただし懇親会は既に満員御礼☆)