Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

IT

アジャイルやリーンのパイロットプロジェクトに関する考察

IT

先日、id:kent4989さんが 「アジャイル手法によって生産性が上がりプロジェクトは成功するか?(いいえ) - 勘と経験と読経」 というエントリを書いていました。 まぁ、「いいえ」と言い切ってしまうのもどうかと思いますが(笑)、もとの疑問文に「必ず」と…

Business ValueとCustomer Value

IT

アジャイル開発に限らず、システム開発やそれ以前のビジネス戦略の話なども含めて、いろんな場面で「ビジネス価値」(Business Value)という言葉が出てきます。要求開発宣言でも「情報システムに対する要求は、あらかじめ存在しているものではなく、ビジネ…

BABOKのAgile Extensionが生む(かもしれない)誤解

IT

Modern Analystのサイトに"3 misconceptions I would like to see removed from the Agile Extension to the BABOK®"という記事が掲載されていました。 ざっと斜め読みしたところ、この記事の筆者は、Agile Extensionのもたらす価値については認めながらも、…

アジャイルの成功確率はウォーターフォールの3倍?

IT

Mike Cohn氏が今週月曜日(2月13日)のブログで、Standishグループのレポートからアジャイルとウォーターフォールの成功確率に関する部分を引用・報告しています。 Mike Cohn's Blog - Succeeding with Agile "AGILE SUCCEEDS THREE TIMES OFTEN THAN WATERF…

Agile Requirementsと「実施可能要件」

IT

アジャイル開発で仕様をどこまで詰めるのか、あるいはどの程度詳細にドキュメント化すべきなのかというのは、よく議論になるポイントです。シンプルなWebアプリケーションなどであれば、カードや付箋に記述されたユーザーストーリーと受入条件で十分かもしれ…

Agile TransformationのGolden Circle

IT

InfoQで、Jean TabakaのGOTO Aarhus 2011 Conferenceでの講演のビデオとスライドが公開されています。 InfoQ: The Golden Circle – Why How What これは、一言でいうとSimon Sinekの"Golden Circle"(そして、"Start with Why")の考え方を組織におけるAgile…

"What"と"How"の分離の罠とコラボレーション・スペース

IT

みなさんも今まで、戦略などについてロジカルに考えさせられる研修で「WhatとHowを分けて考えなさい」と言われたり、ビジネスの現場で「うちにはHowを語れるやつは多いけどWhatを語れるやつがいない」とか聞かされたことがあるのではないかと思います。また…

「第2回 エンタープライズ・クラウドの現在」に参加してきました

IT

普段どちらかと言えばITを利用する側の立場、あるいはプロジェクト運営やプロセスの視点で世の中を見ているのですが、たまには技術のこともキャッチアップしておかねば…ということで、昨日(2012.2.2)「第2回 エンタープライズ・クラウドの現在」に参加し…

Change Management 3.0

IT

"Management 3.0"の著者であるJurgen Appelo氏によるChange Managementに関する良い資料がいくつかネット上で公開されていますので紹介したいと思います。 日本ではChangeと言えば"Fearless Change"というくらい、Linda Risingさんが大人気ですが、Jurgen Ap…

Scrum GalleryはScrumの「心」

IT

Tobias Mayer氏が、"Scrum Gallery"というドキュメントをGoogle docs上でpdf形式で公開しています。その背景など簡単に説明したTumblerがこちら。 私の過去のプレゼン資料などを見ていただいてもわかりますが、私自身、初心者にScrumのことを説明する時には…

ソーシャルメディアに関する法律の予測記事

IT

前回のエントリーでソーシャルメディアの予測記事に少し触れました。その時にはまだ出ていなかったのですが、法律面でのインパクトに関しての予測記事が出てきていますので簡単にご紹介します。 5 Predictions for Social Media Law 2012 http://mashable.co…

Social Commerce Psychology of Shopping

IT

2011年は、とりあえず日本でのFacebook元年的な感じだったのでしょうかね。 2012年の新年の挨拶も、Facebook上でのやりとりが一番活発だったような気がしています。 さて、そんな感じで私の関心領域であるITやマーケティングにおいても、2011年はSocial、ソ…

Business Analysis in Agile Life-Cycles

IT

先日のThe Agile Extension to the BABOK Guideの紹介エントリ([IT] BABOK(アジャイル拡張)の歩き方)では、意識的に第2章を飛ばしていたのですが、ここで改めて、簡単に抜粋してまとめておきます。 第2章で書かれていることは、BABOKの読者層向けのScr…

PRIMING KANBAN

IT

InfoQで、Jesper Boeg氏のミニブック"PRIMING KANBAN"が無料でダウンロード公開されています。 http://www.infoq.com/minibooks/priming-kanban-jesper-boeg 全部で80ページほどのまさにミニブックですが、Kanbanを導入してフローを最適化するための10のステ…

BABOK(アジャイル拡張)の歩き方

IT

IIBAから、"The Agile Extension to the BABOK Guide" (November 2011 Draft for Public Review)が公開されています。 昨年8月に公開された24ページのドラフトから120ページに大増量でそこそこ読み応えがありますが、ざっくり以下の2つの視点で全体を捉え…

Agile Tour Osaka 2011の思い出

IT

昨年に続いて2回目のAgile Tour Osakaが無事に終了しました。 さまざまなセッションを通じての学びや感想などもそれなりにありますが、まずは、現時点で公開可能な動画やプレゼンテーション資料などをまとめて貼付けておきます。今後の追加分については、随…

AgileにおけるBusiness Analyst

IT

思うところあって、AgileなチームやプロジェクトにおけるBA(Business Analyst)の役割やBAがProduct Ownerになり得るかなどをパラパラと調べてみました。その時に参照したWeb上の各種リソースから、面白かったものをいくつかピックアップしてここにリンクを…

Agile Tour Osaka 2011の見所&予習ガイド

IT

昨日のエントリでは、Agile Tour 2011全体のことや背景について書きましたが、いよいよ、今日はAgile Tour Osaka 2011での具体的なセッションの中身について触れていきたいと思います。 それぞれの講演者についての一言紹介を含めた全体の紹介や、講演者の方…

Agile Tour Osaka 2011開催にあたって

IT

昨年に引き続き、今年も日本では2回目の開催になる"Agile Tour Osaka 2011"を10/8(土)に開催します。 というわけで、例によってプログラムが出そろったところで改めて今回の見所ガイドを書いてみたいと思いますが、まずその前に、今回のAgile Tourについ…

エンタープライズ・アジリティについて考える (1)

IT

最近また、エンタープライズ・アジャイルとかエンタープライズ・アジリティについて考えることが増えてきています。また、それらとよく混同されがちな言葉として、大規模アジャイルというのもあります。ユーザ企業側にせよ開発会社側にせよ、ITに携わるもの…

要求開発とドメイン駆動設計

IT

昨日の要求開発アライアンス6月定例会での柳本さんのセッションが素晴らしかったので簡単に書き留めておきます。今回の定例会テーマは「要求開発とドメイン駆動設計」についてで、メインのセッションは増田亨さん。柳本さんのイントロセッションはそこへの…

Ryuzeeさんに講演してもらった 〜Scrumと組織〜

IT

先日、Ryuzeeこと吉羽龍太郎さんに会社に来ていただき、約20名の開発者に向けて「Scrumと組織」というタイトルで講演をしていただきました。開発者に対して、アジャイルのいろんなプラクティスやScrumのフレームワークそのものではなく、組織をテーマにして…

継続的改善フレームワークとしてのScrum

IT

とあるところで記事として書こうかなと思っていることを、頭の整理&下書き代わりに書きなぐっておきたいと思います。ScrumはフレームワークであるScrumって何?という話をする時に、あまり意識せずに、アジャイル開発の「プロセス」だとか「手法」だとか「…

Agile Tour Osaka 2010 予習ガイド

IT

Agile Tour Osaka 2010の開催まであと一週間を切った。せっかくなので、当日までにざくっと予習していくならコレ!というのを個人的な趣味で厳選してピックアップしておくこととする。【基調講演(by 長瀬さん)】これはもう、予習などせずに全身を長瀬さん…

Agile Tour Osaka 2010の見どころ解説

IT

世界40都市以上で開催されるアジャイル開発のイベント、ついに日本上陸。来る10月30日(土)に大阪で開催することとなった。Agile Tourとは何か?(英語) http://www.agiletour.org/en(日本語) http://www.agiletour.org/jaAgile Tour Osaka 2010の概要は…

アジャイルなSIについて

IT

先日、Forrester Research社から興味深いレポートが出ている。"Agile Systems Integrators: Plausible or Paradoxical?"Mixing Agile Methods and Systems Integrators Requires an Artful Approachエグゼクティブサマリーをざっくりと読んだ限りでは、SIer…

"CMMI × Agile"系の書籍が続々出るっぽい

IT

とりあえず、この夏から来年にかけて出版が予定されているものをAmazonから3冊ピックアップしておく。"Integrating CMMI and Agile Development: Case Studies and Proven Techniques for Faster Performance Improvement"(Paul E. McMahon)2010.8.23発売予…

EM WEST Vol.2は7月23日発行

IT

既にmanaslinkのサイトでは告知していたが、ITエンジニア向けオープンペーパー EM WESTのVol.2を、JaSST'10 Kansaiの開催に合わせて7月23日より配布開始する。(EM WESTはJaSST'10 Kansaiのメディアスポンサーにもなっている。) コンセプトは、"The Roads o…

『アプレンティスシップ・パターン――徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得』

IT

7月7日発売予定の『アプレンティスシップ・パターン』をいただいたので、まずはざっと読んでみた感想などを少し書いてみる。 まず、本書のタイトルにある「アプレンティスシップ」とは何か?そしてこの本はどういう本なのか?それについては、本書の裏表紙に…

第9回 オープンラボ岡山とEM WEST Vol.1

IT

昨日6/19は、オープンラボ岡山に初参戦。 講師は、岡山県立大学の芝先生と、各種の著作・翻訳でも有名な柴田芳樹さん。 ----------------------------------------------------------------------- 【タイトル】Blu-ray Javaで作ったTwitterクライアント 【…

ウォーターフォールの興亡

IT

少し前にtwitterで知った"The Rise and Fall Of Waterfall"というビデオ。 ウォーターフォールの父と言われるWinston Royceが、もともとはフィードバックの重要性やイテレーティブな開発について言及していたにも関わらず、それが間違った理解のもとで普及し…

つぶやきの極私的補足(要求開発アライアンス5月定例会)

IT

25日に開催された要求開発アライアンス5月定例会には、例によってUstreamで遠隔参戦。いくつかバラバラとつぶやいていたのだが、そのいくつかについて、ここで簡単に補足しておきたい。(あくまで私的つぶやきに対する私的補足にすぎないが。) まず、今回…

すくすくスクラム瀬戸内と要求開発アライアンス西日本のチラシ

IT

本日のオープンセミナー2010@岡山で参加者に配布したチラシを貼付けておく。

オープンセミナー2010@岡山で話をしてきた

IT

本日、岡山県立大学で開催されたオープンセミナー2010@岡山で話をしてきた。告知文の冒頭に「オープンセミナーはオープンソースとインターネットをテーマにした無料セミナーです。」とある通り、オープンソース系のコミュニティに参加しているような人が中…

第2回すくすくスクラム瀬戸内を開催した

IT

昨日(4/24)、第2回のすくすくスクラム瀬戸内を開催した。テーマは、「身体でおぼえるスクラム」。講師にOdd-e JapanのEmerson Mills氏を招いてワークショップ中心の1日コース。週末にもかかわらず、15名にご参加いただき、3チームに分けて和気あいあい…

4/24のすくすくスクラム瀬戸内はLEGOで体感!

IT

すでにいろんなところで告知している 「第2回すくすくスクラム瀬戸内 〜身体でおぼえるスクラム〜」 http://kokucheese.com/event/index/1734/ がいよいよ1週間後に迫ってきた。 この企画を立ち上げた時に、講師のEmerson Mills氏と話したことは、 - スク…

要求開発アライアンス 3月度定例会

IT

ながらく欠席していた要求開発アライアンス定例会に今月は久しぶりに参加できた。とは言っても、Ustream配信の視聴である。 IT系コミュニティの中では比較的年齢層とスーツ率が高めの要求開発アライアンスも世の流れに少しだけ乗っての初トライアルUst by @m…

認定スクラムマスターへの道(番外編)

IT

過去のエントリ(その1〜その3)は、こちら↓http://pub.ne.jp/Under_the_Bridge/?entry_id=2710762http://pub.ne.jp/Under_the_Bridge/?entry_id=2712747http://pub.ne.jp/Under_the_Bridge/?entry_id=2749155今回は番外編として、研修費用の負担を会社に…

Alan ShallowayのLean-Agile (その2)

IT

前回、「その1」として書いたので、「その2」くらいは書いておかないと格好がつかないので書いておく。テーマとしては、前回少し触れた「Scrum#」。結局、Scrum#ってなんやねん?という話である。ただ、私もAlanの本を読んで、なんとなくリーンの文脈の中…

Alan ShallowayのLean-Agile (その1)

IT

"Agile Japan 2010の予習をしようシリーズ"というわけでもないけれど…思いついて少しまとめて書いてみる。今回のAgile Japan 2010の目玉の一つは、キーノートスピーカーとしてAlan Shalloway氏が来日することであろう。Alanについての簡潔な紹介文は、平鍋さ…

Acceptance Testingを巡る議論 (備忘メモ)

IT

ここ数日、James (Jim) Shoreが書いたブログをきっかけにAcceptance Testingに関する議論がネット上をにぎわせている。あとできちんと中身にも言及して書きたいが、まずは取り急ぎ現時点で私が把握している関連記事を列挙して携帯電話からURLをアップしてお…

近頃じわじわ来るものについての雑感

IT

なんとなく最近、過去の誰かのブログ・エントリであったり、講演の中でのキーワードであったり、本の一節であったり、はたまた私自身がつらつらと考えていたことであったり、そんな諸々がじわじわと、頭の中(というよりはもっとハートの部分)に「来てる」…

認定スクラムマスターへの道(その3)

IT

認定スクラムマスターへの道(その1)と(その2)は、こちら:http://pub.ne.jp/Under_the_Bridge/?entry_id=2710762http://pub.ne.jp/Under_the_Bridge/?entry_id=2712747今回は、「で、認定スクラムマスターになると何かいいことあるの?」という話。実…

地方で勉強会を開催する時の壁の話

IT

@IT自分戦略研究所の大久保さんのコラムで「立ちはだかる壁」という記事があった。福島県でコミュニティを立ち上げ、勉強会を開催する際の集客・告知での苦労話を書かれたものだが、これはほぼ時を同じくして岡山ですくすくスクラム瀬戸内を立ち上げて第一回…

XP祭り関西2010に行ってきた

IT

昨日(2月6日)開催されたXPJUG関西のイベント「XP祭り関西2010」に参加してきた。今まで、東京のXP祭りには2回参加しているが、XP祭り関西には今回が初参加であり、その上、パネルディスカッションとLTに登壇させていただいた。お声かけくださった細谷さん…

第1回すくすくスクラム瀬戸内

IT

去る2月5日(金)に、すくすくスクラム瀬戸内の第1回の勉強会が35名ほどの参加者を集めて無事に開催された。 そのオープニングで、私はTobias Mayerのブログからの引用を交えて、自分なりに「スクラムってな〜に?」という話をした。ここで伝えたかったの…

認定スクラムマスターへの道(その2)

IT

昨日のエントリーの続編。 首尾よく会社からの補助も出て金銭面での障害がなくなったとして、次に来るのは(本当は逆かもしれないが)、果たして自分がこの研修を受講するだけの前提知識や経験を持っているのだろうか?という心配かもしれない。なぜならばコ…

認定スクラムマスターへの道(その1)

IT

先日のエントリでもご紹介した通り、今まで国内では東京でしか開催されてこなかったScrum Alliance認定スクラムマスター研修が、今年は大阪でも開催される予定である。◆ 第一弾: 2010年3月18日、19日 http://www.scrumalliance.org/courses/200936…

アジャイル、入っている...

IT

Gearstream Blogの記事より。"CIO Magazine & Forrester Say Agile Is Now Mainstream... If So, Be Very Afraid"(CIOマガジンやフォレスター・リサーチが「今やアジャイルが主流」とか言い出したら気をつけろ!)これらの媒体でそういう話が出ると、そこに…

関西での認定スクラムマスター研修とスクラム瀬戸内ダービー

IT

今まで国内では東京でしか開催されてこなかったScrum Alliance認定スクラムマスター研修が、ついに2010年大阪に上陸!詳細は、以下のURLを参照いただきたい。◆ 第一弾: 2010年3月18日、19日 http://www.scrumalliance.org/courses/20093676-certif…