読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

BABOK(アジャイル拡張)の歩き方

IT
IIBAから、"The Agile Extension to the BABOK Guide" (November 2011 Draft for Public Review)が公開されています。 昨年8月に公開された24ページのドラフトから120ページに大増量でそこそこ読み応えがありますが、ざっくり以下の2つの視点で全体を捉えて、あとは興味のあるテクニックのところからつまみ食い(つまみ読み)すればよかろう、という感じで勝手に整理してみました。 (注1) ドラフト版なので、上のリンクはそのうち無効になると思います。 (注2) 以下はChapter3とChapter4のざっくり把握になりますが、それとは別にChapter2(アジャイル開発のライフサイクルにおけるビジネスアナリシスの位置づけとかが、Scrum/XP/Kanbanあたりを例に18ページで簡単にまとめられている)は、きちんと読むことをお勧めします。 Agile Extensionで示されているテクニックとBABOKの知識エリア(KA)のマッピング これは、既に本体のBABOKの枠組み(知識エリアの構造)を知っている人向けです。本当は知識エリア→タスク→テクニックという形で間にタスクが入っているのですが、面倒なのでそこを端折って、各知識エリアで使われるテクニックをざっと書き出しました。これで、アジャイルっぽいテクニックがBABOKの知識エリアのどこで使われるかがざっくりとわかると思います。 知識エリア1:ビジネスアナリシスの計画と監視
Backlog Management Planning Workshop Real Options Retrospectives Collaborative Games Personas Value Stream Mapping
知識エリア2:引き出し
Personas User Story Behaviour Driven Development Collaborative Games Light Weight Documentation Acceptance and Evaluation Criteria Definition
知識エリア3:要求管理とコミュニケーション
Backlog Management Story Mapping Acceptance and Evaluation Criteria Definition Story Decomposition Planning Workshop
知識エリア4:エンタープライズ・アナリシス
Business Capability Analysis Collaborative Games Purpose Alignment Model Story Decomposition Story Mapping Kano Analysis Real Options
知識エリア5:要求分析
Backlog Management Kano Analysis Planning Workshop Story Decomposition Story Mapping Behaviour Driven Development Storyboarding User Story
知識エリア6:ソリューションの評価と妥当性確認
Real Options Story Decomposition User Story Business Capability Analysis Value Stream Mapping
アジャイルビジネスアナリシスの7つの原則とそこで使われるテクニックのマッピング アジャイルビジネスアナリシスの7つの原則は、2つの枠組みに分類できます。 【DISCOVERY】
See The Whole Think as a Customer Analyze to Determine What is Valuable
【DELIVERY】
Get Real Using Examples Understand What is Doable Stimulate Collaboration & Continuous Improvement Avoid Waste
それぞれの原則とテクニックのマッピングは以下の通りとなります。Chapter4ではそれらのテクニックひとつひとつについて説明されていますので、気になるところから眺めてみればよいと思います。(Chapter3の最後には、BABOK本体で記述されているテクニックと上記の7つの原則のマッピング表もついていますので、ご興味のある方はどうぞ。) 1. See The Whole
Business Capability Analysis Personas Value Stream Mapping
2. Think as a Customer
Story Decomposition Story Elaboration Story Mapping User Story Storyboarding
3. Analyze to Determine What is Valuable
Backlog Management Business Value Definition Kano Analysis MoSCoW Prioritization Purpose Alignment Model
4. Get Real Using Examples
Behaviour Driven Development
5. Understand What is Doable
Estimation Planning Workshop Real Options
6. Stimulate Collaboration & Continuous Improvement
Collaborative Games Retrospectives
7. Avoid Waste
Lightweight Documentation