読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

第9回 オープンラボ岡山とEM WEST Vol.1

昨日6/19は、オープンラボ岡山に初参戦。 講師は、岡山県立大学の芝先生と、各種の著作・翻訳でも有名な柴田芳樹さん。 ----------------------------------------------------------------------- 【タイトル】Blu-ray Javaで作ったTwitterクライアント 【発表時間】20分 【発表者名】芝さん(岡山県立大学) 【タイトル1】ソフトウェアエンジニアの心得 【発表時間】2時間半 【タイトル2】プログラミング言語Java教育を振り返って 【発表時間】1時間程度 【発表者名】柴田芳樹さん ----------------------------------------------------------------------- 芝さんの話と実演は、なんだか後からじわじわと来るような味わい深い内容。なかなか普段そういった内容の勉強会に顔を出すことがないので、良い勉強の機会となった。 柴田さんの講演は、著書の「プログラマー現役続行」の内容を中心としたお話。勉強し続けることの大切さをご自身の経験なども豊富に織り交ぜながらの素晴らしい内容。本当は、こういう場に顔を出さない同僚や後輩にこそ聞かせたい内容なのだがなぁ…(笑) twitterでのつぶやきのまとめは、こちら↓ http://togetter.com/li/30335 柴田さんの講演と休憩時間にお話させていただいたことで心に残っているのは、
マネージャーでもコードレビューをすることで現役感覚はある程度維持できる。 新人だからといって汚いコードを書いても許されるということはない。組織としてきちんとしたものを書かせる義務がある。 若手が外で学んできたことを、仕事の現場できちんと指導できる上司や先輩の存在が重要。
といったことである。 なお、このイベントでも発刊ほやほやのEM WEST Vol.1を配布させてもらった。そしてまだまだ知名度が低く、「EM WESTって何なんですか?」とよく聞かれるので、今回は先手を打ってその説明プレゼンを用意していって、急遽5分ほど話をさせてもらった。 プレゼン資料は、こちら↓