読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

地方で勉強会を開催する時の壁の話

@IT自分戦略研究所の大久保さんのコラムで
「立ちはだかる壁」
という記事があった。
福島県でコミュニティを立ち上げ、勉強会を開催する際の集客・告知での苦労話を書かれたものだが、これはほぼ時を同じくして岡山ですくすくスクラム瀬戸内を立ち上げて第一回の勉強会(ちょうどエフスタさんが開催された前日)を開催した身としては、かなり共感できる内容。

ここには東京や関西圏で当たり前のようにやっている、
  1. 勉強会の開催を思いつく
  2. 会場とスピーカーを確保する
  3. こくちーずでイベント立てる
  4. 勉強会カレンダーに登録する
  5. twitterでつぶやく/MLに流す
  6. 30人や50人は簡単に集まる
とは別の世界があるのである。

そもそもコミュニティのイベントや勉強会の開催頻度が極端に少ない世界で、そもそもそんなもんに興味を持っていない→常日頃からアンテナを張って情報を能動的に取りに行っている人も少ない→こくちーずや勉強会カレンダーやtwitterやMLという武器があまり役に立たない…。
そこで使えるのは、結局は人のつながりと自分の足なのである。

ただ、そこには、「仲間を掘り起こす」という貴重な体験と喜びがあることも確か。そしてそれを続けていけば、少しずつでも世の中は変わっていくと信じている。