読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

XP祭り関西2010に行ってきた

昨日(2月6日)開催されたXPJUG関西のイベント「XP祭り関西2010」に参加してきた。今まで、東京のXP祭りには2回参加しているが、XP祭り関西には今回が初参加であり、その上、パネルディスカッションとLTに登壇させていただいた。お声かけくださった細谷さんはじめ、とても楽しいイベントを企画運営してくださったスタッフのみなさんに感謝。 XP祭り関西は、勉強会ではなく「祭り」である。したがって、通常の勉強会以上に「楽しむ」ことが重要である(←合ってる?)。そして「楽しむ」ことの中で大きな比重を占めるのが、「人と会うこと」。セッションを楽しむのはもちろんのこと、セッションの合間や懇親会も含めて、久しぶりに会う人・しょっちゅう会っている人・初めてお知り合いになれた方など多くの人と会って話をすることが、私にとっては最重要事項でもあった。 パネルディスカッションでは、「アジャイルマインドの育て方」というお題でディスカッションをさせていただいた。だいたいいつもパネルディスカッションというのはグダグダになりがちで、今回さらに「アジャイルマインド」というかなり抽象的なテーマ。(この辺は、テーマ設定の是非も含めてtwitter上ではいろんな意見が出ていた模様。) まずはパネラーが一人一人、ポジショントークをしてディスカッションに入るという進行だった。私自身のポジショントークは、思いっきりシンプルに「RESPECT」という言葉に焦点を絞って話した。(そして、その裏のメッセージとしては「何かを始めるのに遅すぎるということはない。いつからでも始められる。それはアジャイルでも同じ。」ということ。ちゃんと伝わったかな?) LTは、EM WEST編集長の立場から、「EM WESTの歩き方」。ここでは、「EM WESTというのは、単なるEM ZERO西日本版ではないんだよ。」ということをきちんとアピールしたかったのだが、時間配分は、かなりミスった。想定としては、早口でダーっと流して、余った時間をEM WEST公式テーマソング「思いよとどけ」を流して調整しようと思っていたのだが…。これなら最初からBGM的に流しながらトークをした方がよかったかな、としばし反省。