読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

第1回すくすくスクラム瀬戸内

去る2月5日(金)に、すくすくスクラム瀬戸内の第1回の勉強会が35名ほどの参加者を集めて無事に開催された。 そのオープニングで、私はTobias Mayerのブログからの引用を交えて、自分なりに「スクラムってな〜に?」という話をした。ここで伝えたかったのは、スクラムはあくまでもフレームワークであり、それ自身が問題を解決してくれるものではないということ。フレームワークそのものを理解するのは簡単、でもそれを活用して成果を出すのは自分自身であるということ。 その後は、ebackyの仕切りで本題の「ソフトウェア開発の3つの嘘」についてのセッション。 - 「要件定義の嘘」 http://www.slideshare.net/SukusukuScrum/20100205-3077904 - 「スケジュールの嘘」 http://www.slideshare.net/SukusukuScrum/20100205 - 「完了の定義の嘘」 http://www.slideshare.net/SukusukuScrum/20100205-3081544 残念ながら、Emersonの「完了の定義の嘘」は時間切れで本編の中ではできなかった(想定通り)が、本編終了後の懇親会場にて巨大スクリーンを活用してとても有意義なセッションができた。(懇親会重要!) 本編の内容については、参加者のT-1000さんがブログにアップしてくださっているので、ここでもリンクを貼付けておく。 「第1回すくすくスクラム瀬戸内勉強会に参加しました。:T-1000の日記」