読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways Archive

Archive Imported from Always All Ways on Plala

視点を変えて言葉にしてみる

本屋で立ち読みしていて、たまたま目に入った本のタイトル:

「今日は残りの人生の最初の日」

中身は全く読んでいないので、このタイトルだけで以下の文章を書く。

我々は、ともすれば、過去~現在~未来を連続する流れで捉え、過去をひきずったまま現在を、そして未来を生きようとしてしまう。その中では、今日という一日も、流れ行く日々の単なる一日。

ところがこのフレーズではまず、「残りの人生」ということで人生が有限であることを認識した上で未来・将来にフォーカスを当てている。そしてさらに、今日という日をその「最初の日」と位置づける。それを言葉にして認識することで、我々は今日という日がSPECIALであることに気づく。

では、この「最初の日」を自分はどう過ごすのか…?同じ一日でも、視点・見方を変えることで心の持ち方が大きく変わる好例である。

その他、この週末に拾った言葉としては、

「30代はおとなの10代」
という言葉がある。

車の中で聴いていたラジオで誰かが話していたのだが、調べてみたところ、シンガー・ソングライター馬場俊英さんの歌の歌詞に出てくる言葉らしい。

それでいくと、私も(さすがに10代とはいかないが)、「おとなの20代」前半といえる!元気の出るフレーズである。